滝廉太郎作曲「憾(うらみ)」

2017.08.23 19:53|音楽
大分県立図書館1階に、「先哲資料館」があります。今回は、滝廉太郎も取り上げられていました。今まで見たことのない資料もあり、ドイツ留学時の写真もあったと思います。ライプツィヒに留学して、わずか2ヵ月しかレッスンを受けられず、病気で帰国、若くして亡くなった(大分市)作曲家の最後のピアノ曲が「憾」です。 滝廉太郎の銅像は、東京上野公園内、旧奏楽堂前にもありました。

コメント

非公開コメント

  • ページトップへ
  • ホームへ